ビデオカメラの種類 ハイブリッドビデオカメラ

ハイブリッドビデオカメラはHDDや8センチブルーレイディスクをはじめ、購入もお手軽にできるフラッシュメモリやSDメモリといった様々なメディアに対応しています。編集作業等でパソコンを使わないユーザにはオススメのモデル。各種メディアに撮影映像を手軽にバックアップできるのも魅力となっています。


HITACHIはHDDと8センチブルーレイディスクに、SONYはHDD・8センチブルーレイディスク・フラッシュメモリーに、パナソニックの製品はHDD・SDメモリーへとそれぞれ対応しています。


個人的には撮影した動画はパソコンに取り込んで、ある程度の編集作業を加えたいという欲求があるので、いろいろ搭載していることによるボディの肥大化は大きなデメリットのように感じています。撮影は軽量コンパクトで、必要最小限の機能があれば良しと考えています。


パソコンを使わないユーザにとっては専用のドライブとメディアを別途用意してバックアップをとるというのは、やはり煩わしいと感じます。実際にハイブリッドビデオカメラ実機を手にとって、取り回しを確認しつつ購入するか否かを検討することをオススメします。

ビデオカメラの種類 ブルーレイ

なんと言ってもハイビジョンが魅力のブルーレイビデオ。
記録媒体は8cmBD−R、BD−REでブルーレイプレーヤーやブルーレイレコーダーでそのまま再生が可能・・・というのは表向きの話。


続きはこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。