ビデオカメラの種類 ブルーレイ

なんと言ってもハイビジョンが魅力のブルーレイビデオ。
記録媒体は8cmBD−R、BD−REでブルーレイプレーヤーやブルーレイレコーダーでそのまま再生が可能・・・というのは表向きの話。


”次世代の企画競争”は終演したはずなのに、互換性という問題が横たわっています。
まずソニーとシャープは共にAVCRECで作成したDVDの再生には対応していません。AVCRECとは、Blu-ray Discのアプリケーションフォーマット「BDAV」を応用し、DVD等にデジタルハイビジョン映像を記録するための規格です。
なので当然ではありますが、PS3もAVCRECのDVDは再生非対応となります。


三菱は以前の機種ではAVCRECのDVD再生のみ対応でしたが、最新の機種で録画にも対応しました。


ビクターはAVCRECのDVD再生のみ対応しています。


ビデオカメラからはちょっと話が逸れてしまいますが、パソコンに搭載されているブルーレイドライブもこの互換性の影響を受けます。NEC製のPCが再生対応。アプリケーションのWinDVDが再生対応となっています。最新のパイオニア製の再生専用機も再生対応となっています。
ビデオカメラ撮影素材のAVCHDのDVDには各社対応しています。


怖いのがAVCRECで録画したDVDは非対応の機器に入れると、最悪光学ドライブが壊れてしまう点。
この場合無償期間でも有償修理となります。

基本的にDRモードでもH264/AVCでもBDにダビングしたものは各社で互換があるようです。

まとめるとAVCRECは注意が必要ということ。
特に購入時にご注意ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。