ビデオカメラの種類 〜SDとHDはどう違うか

ビデオカメラには2つのラインアップが用意されています。従来のSD(スタンダード)画質とHD(ハイビジョン)画質です。

現在の主流はハイビジョンビデオカメラ。
ハイビジョンの16:9のアスベクト比は人が実際に目で映像を見るときの比率に近く、より自然に見ることが出来ます。映画館のスクリーンなどはこの16:9の比率となっています。
黄金比として用いられる4:3のスタンダード比ですが、地デジ対応の横長の画面が主流になるに連れてマイナーになりつつあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。